2018年1月2日火曜日

416 アポトーシスとガンの再発イメージ

416 アポトーシスとガンの再発イメージ

「ホルモン療法によって、ガンが眠っている状況とはどういうことか」と医者に聞いてみた。医者は「前立腺ガンは特殊なガンで、男性ホルモンなしには生きられない。男性ホルモンの投与によってガン細胞がアポトーシス(管理調整された細胞死)の状況にある。ところが前立腺ガンによっては、ホルモン療法が効かないガン細胞があり、これが動き出す可能性がある。それが前立腺ガンの再発で、このときは制癌剤といった別の方法をとることになる。ガンが完全になくなったと判断されるのは、PSAが0.008以下である」といわれた。
 ところが後日調べて見ると、0.008未満の人でも再発している人がいた。ガンは人によっていろいろで、まことに厄介なしろものである。

0 件のコメント :

コメントを投稿